可能性を開花させるなら上京すべし

東京の人口は、平成30年8月時点で1,380万人を超えています。会社企業数は全国のおよそ15%を占めると言われており、特に大企業といわれる会社は都内に集中しています。

その一方で多種多様な中小企業がビジネスを行っており、東京都でも様々な支援を実施しています。特に元気な産業は、サービス業や卸売業及び小売業、輸出入業です。

起業したい人にとってチャンスが用意されている街であり、そうでなくても職探しに困らないところが、東京暮らしのメリットといえるでしょう。
専門スキルや資格を必要としないサービス業は少なくないため、もし勤め先を辞めざるを得ない状況に陥っても、次の職がすぐに見つかることが期待できます。

大都会では他人に干渉しない空気が強いですが、それを心地よく感じる人は多いです。たとえ失業してしばらく無職でいても、冷たい目で見られることはほとんどありません。
沢山の刺激を受けながら生きることも可能な反面、力を抜いて生きることも可能な空気が流れています。色々な人が集まる土地で選択肢が豊富だからこそ、逃げ場がたくさん用意されていて、生きやすい街になっているのかもしれません。

ただ、最近はネット社会になったため、田舎で起業する人も増加傾向にあります。それも良い方法ですが、新しい刺激を受けたり人脈を広げやすかったりという点では圧倒的に東京の方が有利だといえます。肌で感じる最先端の情報を、即座にビジネスへ活かすこともできるのは、大きな強みだといえるのではないでしょうか。
そういった意味でも、東京は可能性を秘めた魅力的なエリアだといえるでしょう。